So-net無料ブログ作成
検索選択

精油の力 [アロマテラピーの効果]

精油の力と利用法について紹介します。

精油とは、植物がもっている香り成分のことで、単体ではなく、いくつもの芳香成分が混合されたものです。


その成分のひとつひとつに薬理的な作用があり、より効果を高めるためにブレンドして使用します。


種類は、一般的に知られるもので、ラベンダー、ローズマリー、ゼラニウム、ユーカリ、オレンジスィートなどありますが、約300種類ほどあります。


いくつかの精油を調合することで、相乗効果が生まれ効能がアップします。


アロマを利用するシーンは、芳香浴はもちろん、お掃除やお洗濯、トイレの芳香剤、虫よけスプレー、オイルマッサージ、手作り化粧品、風邪予防、リラックスしたい時など、生活のあらゆるシーンで活躍できます。


私たちの体には自然治癒力があるため、多尐のストレスなら寝ている間に回復できます。ですが、それ以上の負荷がかかると、自律神経やホルモンのバランスが崩れ、健康状態が損なわれてしまいます。


そんな不調を元に戻すお手伝いをしてくれるのがアロマテラピーです。


香りによって、リフレッシュやリラックス効果を与え、セルフマッサージをすることで様々な体調不良を改善するなど、妊娠中期の妊婦さん、乳児からお年寄りまで、幅広い年齢層で役立っています。


ただし、持病や血圧の高さによっては使用できない精油もあるので、アロマでからだの不調を改善したいとお考えなら、正しい知識を知ることが大切です。
アロマテラピーを学びたい方はこちら>>>アロマテレピーを習うなら




共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。